●歯を抜いてほしい


■抜歯と歯科口腔外科について
 皆さんは「歯科口腔外科」という科についてご存知でしょうか?
 読んだ通り、「歯やお口の中の外科」を取り扱う科ですが、具体的には、上顎骨・下顎骨の骨折や口腔・顔面外傷の治療、口腔内にできた腫瘍や奇形、顎変形症の手術などを専門的に取り扱う科であります。
 なかでも、皆さんに一番身近なものといえば「抜歯(歯を抜くこと)」でしょう。  根っこが曲がっていたり、先が太くなっている歯、また、骨の中に潜っている歯や横に倒れこんでいる歯などは抜く時にいろんな技や器具が必要になってきます。
 そういう難しい歯を抜くことは口腔外科医の得意とする分野であり、難しい歯であればあるほど、できるかぎり熟練した専門医のいるところで抜かれることをお勧めします。
 抜いた歯を歯の無いところへ移植する「自家歯牙移植」や、一度抜いた歯を完全に掃除してから元に戻して残す「意図的歯牙再植」も症例に応じて行いますので思わぬ拾い物(笑)があるかもしれませんよ。

■お忙しい方へ:当院では、他医院で抜歯困難と言われた歯も御希望があれば来院されたその日に抜くことも可能ですので、御希望の方はお電話にてその旨お申し付け下さい。
 ご高齢の方や妊娠中の方、糖尿病(特にインシュリンを使用されている方)、透析中、心疾患などで内科にて治療中の方などもご相談下さい。
 抜歯はすべて保険が効きます。
 ※歯牙移植・意図的歯牙再植は関連ページで解説しています
  
歯牙移植ページへ移動

抜歯困難例
1
2
3
4
両どなりの歯に挟まれて、もぐっている歯
ほっぺ側に倒れ込んでもぐっている歯
手前の歯の方に倒れてもぐっている親知らず
根が開いている