●歯肉のハレ・出血、歯がゆれる(歯周病)


■歯周病について

 歯周病とは、歯と歯肉の間にくっついたプラーク(歯垢)、あるいはそれが石灰化した歯石にばい菌がつき、そのばい菌(むし歯を作るミュータンス菌とは種類が異なる、アクチノバチルス菌、ポリフィロモナス菌など)が発育する際に作る毒素によって歯肉が炎症をおこしたり、歯を支える骨が溶かされる病気であります。  
 進行すると骨がどんどん溶かされて歯が動揺し、最後には抜けてしまうという恐ろしい病気です。
 進行しきった末期のものは現在の科学をもってしても決定的な治療法はほとんどなく、清掃や薬剤によって抜く時期を引き伸ばすに過ぎないかもしれませんが、早期発見・早期治療によって完治しうる病気であると確信しております。
 たとえ現在症状がなくとも、いつのまにか進行する病気ですので、常日頃からの専門医によるチェックと予防を心がけるようにしてください。  

■レントゲン写真での正常・歯周病の比較

●正常な状態
(右の写真)

X線写真でも歯を支えている骨がくっきりと写っている(青い部分が骨)
歯周病になると矢印方向に骨が溶けていきます。

●進行した歯周病
(右の写真)

X線写真でも歯を支えている骨が溶けてしまっている(ピンクの部分が骨)


■一般的な歯周病の治療の手順を説明します。


初期治療
  まず一番大事なのが正しい歯磨きの練習
  その他、揺れが大きな歯の一時的な固定、大きな
 虫歯の治療、適合の悪いかぶせものを作り直す、歯
 石の除去、咬み合わせのチェック、薬剤やレーザー
 によるばい菌の消毒、など
評価
  初期治療の効果を見直します。
  初期の歯周病ではの初期治療だけでほとんど治
 癒し、メンテナンスに移行します。
必要に応じて手術を行う
  しかしながら進行した歯周病では初期治療では治
 りきらない場合が多く、溶けた骨をなるべく元の状
 態に戻そうとする「再生手術」
(エムドゲイン、骨移植材、ゴアテックス膜を使用)

 悪いところを切り取ってしまう「切除手術」
 ばい菌に対して強い歯肉をつくる「歯肉移植手術」などを行う必要があります。
 ※手術例のページにジャンプ
  (再生・切除・歯肉移植手術の模様を写真付きで解説しています)

最終補綴
  必要に応じて揺れている歯に冠をかぶせて連結固定したり、清掃しやすい形にするた
  めに冠をかぶせます
メンテナンス
  を行って良い状態になったら、あとはそれを維持するために清掃のチェックや
 PMTC等を行っていきます。

また、再発防止のため、歯ぎしり防止装置を装着することをおすすめします。
 ※マウスガードとナイトガードのページにジャンプ