●マウスガードとナイトガードについて


 
マウスガードは、ボクシングやフットボールなどの試合中、選手がつけているのをご覧になった方も多いかと思います(マウスピースとも呼びます)。目的としては、スポーツ中にうける外力から歯、顎の関節、舌などを守ります。お口の中をケガから守る以外にも、装着中の筋力アップを目的として使用する選手も多いようです。右写真のような厚さ3mmほどの柔らかいプラスチックを使用し、その人の歯型にピッタリフィットしたカスタムメードのものを作成し競技中に上顎に装着します。

 最近では、空手など格闘技をはじめ、サッカー、ラグビー、ラクロスなどで頻繁に使用されるようになり、装着が義務化されているスポーツも増えております。矯正治療中の方のスポーツにはぜひお勧めいたします。
 審判が競技中マウスガードの装着を容易に判別でき、またゲーム中などに紛失したときに見つけやすくするために、マウスガードはカラーのものに人気が高くなっております。チームカラーのものを装着することやユニフォームに合わせた配色もチームとしての意識づくりの一助となっております。
 値段は¥10000(ケース付)。
 またマウスガードを就寝時に装着することにより、歯ぎしり防止装置(ナイトガードと言います)として使用することも出来ます。
 一方、歯ぎしりは、原因がストレスから来るとも、咬み合わせの不調からくるとも言われておりますが、明確な原因はわかっておりません。しかし、歯ぎしりによって歯や歯の周りの組織、顎関節などに悪影響を及ぼすことは明白となっております。したがって、歯医者で咬み合わせの治療などを受けても歯ぎしりが治らない場合は歯ぎしり防止装置の装着をお勧めいたします。一般 には上記のマウスガードより少し薄い装置を就寝時に上顎に装着します。ナイトガードは2002年4月より保険適応となりました。値段についてはお問い合わせください。