●ブリッジ(歯を失った)

●他の方法紹介ページににジャンプ●

■インプラント   ■入れ歯  ■歯牙移植


■ブリッジとは

 虫歯や歯槽膿漏(歯周病)、あるいは外傷などで歯を失ったとしても多くの場合、失った歯の両隣りの歯を削ってつなげる「ブリッジ(固定性)」によって見た目や噛む力はほぼ元に近い状態に戻すことができます。
 部位によって、あるいは材質によっては保険が効く効かないはありますが、第一選択としてまずブリッジの作製を考えるのが一般的でしょう。
 両隣りの歯がきれいな歯で削るのがもったいないと思われる場合は、歯を削る必要のない単独植立インプラントがお勧めです。インプラントリンク
 また、失った歯の数が多い場合などで通常のブリッジが適応できない場合は、インプラントや自家歯牙移植を併用したブリッジ作製を考え、それも不可能な場合は入れ歯の作製になります。自家歯牙移植リンク
 私個人の意見としては取り外しが必要な入れ歯よりは、可能な限り固定性のブリッジの方をお勧めいたします。
 詳しくはご相談ください。




 費用:金パラジウム銀合金のブリッジは保険適応
    それ以外の材料を使用したものは自費診療価格表を参考に
(例) インプラント植立手術 1本 ¥200,000
  自家歯牙移植 1本 ¥50,000〜
  金合金鋳造冠 1枚 ¥50,000
  ハイブリッドセラミックスフルベーク冠 1本 ¥50,000〜
※その他かぶせる冠はいろいろ種類あり自費診療価格表を参考のこと

●他の方法紹介ページににジャンプ●

■インプラント   ■入れ歯  ■歯牙移植